バナー
SPA  LIST
草津外湯巡りガイド
源泉として〜湯畑〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
 草津温泉の湯畑とは、温泉の源泉を地表や木
製の樋に掛け流して湯温を下げる施設であると
同時に温泉の成分である湯の花の採取する施設
のことである。硫黄分を多く含む草津温泉は、
地中から湧き出した時は無色透明ですが、空気
に触れると白濁して湯の花が沈殿する。「湯畑」
の語源は樋に沈殿する「湯の花」が採れる畑で
あり、草津温泉においては湯滝と並んで最大の
観光スポットとなっている。ちなみに湯滝から
湯が流れ落ちる音が映画「千と千尋の神隠し」
に使われている。

 湯畑の周囲には「草津に歩みし百人の碑」
あり、草津を訪れた偉人・著名人がいかに多か
ったかを改めて知ることが出来る。江戸時代に
なって5代将軍綱吉が湯畑から湯を汲み上げて
江戸城まで運ばせたことからも、いかに熱烈な
信奉者が多かったかが想像出来る。源泉として
湯畑の湯を使う外湯は下記の6ヶ所だが、湯畑
からお湯を供給されている旅館は意外にも数少
ない。かつては湯滝の下にある日新舘が湯畑か
ら直接引き湯していたが、現在最もフレッシュ
な湯畑の湯を楽しむことが出来るのは湯滝に一
番近い大東館である。

湯畑の湯を源泉として使用している外湯リスト
[喜美の湯]
[長寿の湯]
[千代の湯]
[白嶺の湯]
[関の湯]
[瑠璃の湯]
展望台から湯滝を望む
展望台から湯滝を望む
湯滝下から望む1
湯滝下から望む1
湯滝下から望む2
湯滝下から望む2
湯滝下から望む3
湯滝下から望む3
右側より湯畑を望む
右側より湯畑を望む
湯けむり亭をバックに
湯けむり亭をバックに
土産物屋をバックに
土産物屋をバックに
猫と湯畑
猫と湯畑
湯畑の春
湯畑の春
朝の湯畑
朝の湯畑
熱の湯をバックに
熱の湯をバックに
冬のイルミネーション
冬のイルミネーション
幻想的な夜の湯畑
幻想的な夜の湯畑
上州草津温泉名所旧跡 湯畑へ | 草津温泉外湯巡り第二章へ
旅と鉄道旅行記 | HOME | BBS | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro