バナー 草津温泉 長寿の湯付近の地図
SPA  LIST
草津温泉 ★★★★☆
地元の人との語らいが楽しい外湯
このエントリーをはてなブックマークに追加
 施設名  長寿の湯
 住所  群馬県吾妻郡草津町
 電話番号  0279-88-3131(草津町役場観光課)
 営業時間  24時間(掃除時間を除く)
 定休日  なし
 料金  無料
 竣工年月日  2006.11.30.
 浴槽面積  3.40u
 泉質  酸性・含硫黄−アルミニウム−
  硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
 源泉  湯畑源泉
 HP  なし
 取材年月日  2000.11.18 , 2007.12.22 , 20013.08.10
 温泉街からはずれた高台の住宅街にある外湯。観光客用ではなく地元に根ざしている。酒屋の隣にあり、完全に町の一部と化しており、気がつかないで通り過ぎてしまうくらいだ。広めの脱衣所にはござが敷かれている。浴室は窓が大きくとってあり昼間は外湯の中でもかなり明るい感じである。浴室の床にはすのこが敷いてある為、冬場は特に木の温かみを感じる。コンクリートの浴槽はいい感じに古びた感じになってきている。最近洗面器と椅子が新しいものに代わっており、いつ来ても全体的に雰囲気がいいのでお気に入りの外湯である。何故だかここでは地元のご老人に話し掛けられることが多い。地元の人の利用率が高いので、観光客が入ることは滅多にないという証なのであろう。
取材年月日 2000.11.18

 外観は今までの殺風景なものから観光客を意識したのか木造に変更された。今までの施設の外装のみを変更しただけで、内部の脱衣所・トイレ・浴室などの間取りには変更がないようだ。脱衣所の棚こそ新装となっていたが、浴室は浴槽の色が塗り替えられてスノコが取り払われただけだった。今回も地元の人に話しかけられて、和やかな雰囲気で湯浴みをすることが出来た。貸切状態となったので息子をモデルにしていろいろなポーズで写真を撮影した。温泉街から坂道を少し登っただけで、日常に根ざした外湯に出会うことが出来る貴重なお湯だ。
取材年月日 2007.12.22

 観光協会の公式見解では、白旗の湯、地蔵の湯、千代の湯だけが一般に公開されている共同浴場だが、実際は今まで通り誰でも入れるはずと思っていたが、ここでそれが覆された。午前中の早い時間に長寿の湯に入ったのだが、午後になって息子を連れて行くと施錠されていて入れなかった。地元住民専用時間があるのか、誰もいなくなる時は施錠するしきたりになっているのかは不明であるが残念なことである。施錠するのなら時間を決めて欲しいと思うのだが、危うく十八湯のコンプリートが出来なくなるところだった。外観的には表にあった電信柱が撤去されて、向かって右側の女湯側に消火栓が設置され、警察官立寄所の看板が掲げられた。
取材年月日 20013.08.10
長寿の湯外観
長寿の湯外観
長寿の湯脱衣所
長寿の湯脱衣所
長寿の湯1
長寿の湯1
長寿の湯2
長寿の湯2
貴重品掛け
貴重品掛け
長寿の湯天井
長寿の湯天井
長寿の湯3
長寿の湯3
長寿の湯4
長寿の湯4
長寿の湯5
長寿の湯5
長寿の湯6
長寿の湯6
長寿の湯7
長寿の湯7
長寿の湯8
長寿の湯8
長寿の湯9
長寿の湯9
長寿の湯トイレ
長寿の湯トイレ
長寿の湯外観
長寿の湯外観
長寿の湯脱衣所
長寿の湯脱衣所
長寿の湯
長寿の湯
長寿の湯天井
長寿の湯天井
旧長寿の湯外観
旧長寿の湯外観
旧長寿の湯1
旧長寿の湯1
旧長寿の湯2
旧長寿の湯2
旧長寿の湯3
旧長寿の湯3
草津温泉外湯巡りガイドへ | 草津温泉外湯巡り第三章へ
旅と鉄道旅行記 | HOME | BBS | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro