バナー 草津温泉 関の湯付近の地図
SPA  LIST
草津温泉 ★★★☆☆
こじんまりとした生活臭のある外湯
このエントリーをはてなブックマークに追加
 施設名  関の湯
 住所  群馬県吾妻郡草津町
 電話番号  0279-88-3131(草津町役場観光課)
 営業時間  24時間(掃除時間を除く・地元住民専用時間有り)
 定休日  なし
 料金  無料
 竣工年月日  1987.12.18
 浴槽面積  男/1.81u 女/2.36u
 泉質  酸性・含硫黄−アルミニウム−
  硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
 源泉  湯畑源泉
 HP  なし
 取材年月日  2001.02.10. 2007.12.23. 2013.08.10
  入り口が大変狭い為今まで入湯を躊躇していたが、狙い通り貸し切り状態であった。 脱衣所には常連さんのタオルが所狭しと干してあり、何やら家庭の風呂にお邪魔した感じだ。 浴槽はこじんまりしているが、ここが外湯とは思えないくらい不思議と落ち着く空間である。 男湯と女湯が分かりづらいが、湯畑側が男湯で西の河原側が女湯である。
取材年月日 2001.02.10

 久しぶりに関の湯に入ってみた。恒例の朝湯を凪の湯で済ませた後、女湯には入浴客がいたが、男湯は誰も入っていなかったので貸切で入れた。 およそ2人入ればいっぱいになってしまうような狭い浴室は家庭の浴室を彷彿とさせるサイズだ。 温泉街の中にひっそりとたたずんでいる関の湯は完全に街の風景の中に溶け込んでいる。 日中でも日の光が差し込まない関の湯は昼間でも電気をつけなければ入浴出来ない為、外から見て入浴客がいるかどうか一目で判別が出来る。

 コンクリート打ちっぱなしの殺風景で薄暗い浴室だが、入ってみると意外と落ち着いて入ることが出来るので、これはこれでありかな?と思わせる。しかし、これほどまでにこじんまりとした共同浴場も珍しい。一大温泉地草津の温泉街の中で最も生活臭を感じさせる。 観光客の利用はまず皆無だと思われる。ここを利用する常連客は、温泉街の商店に勤めている方々ではないだろうかと想像しているが真偽の程は…
取材年月日 2007.12.23

 恒例の朝湯を凪の湯で済ませた後、関の湯を覗いてみたら朝日が当たって割と明るかったので、改めて脱衣所、浴室、温泉分析表などを撮影してみる。 この時は撮影のみに専念したせいか落ち着いて観察することが出来た。 全体的に昔から変わった点は感じられなかったが、浴槽の縁の所に廃湯出来るように切れ込みが出来ていた。 以前撮影した画像と比べてみると、壁と浴槽が同じ色のコンクリートだったのが、浴槽の部分が青みがかったグレーになっていた。

 昼間の怒涛の湯巡りの締めくくりに珍しく動画撮影をしてみた。 冬では湯気がこもってしまう為動画撮影というのは考えられないが、夏場ならではの特権である。 相変わらず狭い浴室なので撮影するにもアングルは限られる為、あっという間に厭きてしまったが… 夕方に息子を連れてきたら、子連れの家族が長湯をしていたので待って、湯畑付近で暇をつぶしながら何度か覗くがなかなか出る様子がないので退散した。
取材年月日 2013.08.10

草津温泉 関の湯 こじんまりとした生活臭のある外湯
冬の関の湯外観1
冬の関の湯外観1
冬の関の湯外観2
冬の関の湯外観2
冬の関の湯外観UP
冬の関の湯外観UP
夏の関の湯外観1
夏の関の湯外観1
温泉街にケーキ屋さんがあるのは珍しい
温泉街にケーキ屋さんがあるのは珍しい
夏の関の湯外観2
夏の関の湯外観2
関の湯で一番好きなのが、朝日が幕に当たるこの瞬間です
関の湯で一番好きなのが、朝日が幕に当たるこの瞬間です
冬の関の湯浴室1
冬の関の湯浴室1
関の湯脱衣所
関の湯脱衣所
冬の関の湯浴室2
冬の関の湯浴室2
夏の関の湯浴室1
夏の関の湯浴室1
朝の時間帯だけ明かり取りから日光が入ります
朝の時間帯だけ明かり取りから日光が入ります
浴室は狭いながらも天井を見上げると立派なものです
浴室は狭いながらも天井を見上げると立派なものです
夏の関の湯浴室2
夏の関の湯浴室2
温泉分析表
温泉分析表
旅と鉄道旅行記 | HOME | BBS | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro