バナー TRAIN GALLERY   >車両編
INTERCITY KYUSHU EXPRESS 885
関連記事  九州・山陰周遊旅行2 885系白いソニック
INTERCITY KYUSHU EXPRESS 885     このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

2001年3月3日より鹿児島本線・日豊本線博多〜大分の特急ソニックとして投入された新型特急車両。
鹿児島本線・長崎本線博多〜長崎には同型車両が特急かもめとして2000年度より運行されている。
博多〜大分を最速で1時間59分で、博多〜長崎を最速1時間47分で結ぶ。
基本的な車両の仕様は同じだが、若干の差異が見られる。
フロントガラス下のアクセント色はソニックはブルー、かもめはイエロー。
エンブレムマークはソニック、かもめそれぞれのものを使用している。
車両名が「INTERCITY KYUSHU *** EXRESS 885」とペイントされているが、
***には特急ソニックはSONIC、特急かもめはKAMOMEとなっている。
デッキ部分にある和風ギャラリーは全く異なる趣になっている。
ソニックは襖絵を連想させる竹林などの絵、かもめは掛け軸を連想させる文字で飾られている。
振子システムでスピードアップを図る一方、静粛性もかなり高く乗り心地はかなり良い。
グリーン車、普通車とも総革張りの豪華なシートでハイソサエティな時間と空間を提供している。
885系は2001年度のブルーリボン賞を受賞し、JR分割後の特急車両の集大成と評価が高い。
JR九州としては787系「つばめ」、883系「ソニック」に続く受賞となる。
フロントビュー1
フロントビュー1
フロントビュー2
フロントビュー2
フロントビュー3
フロントビュー3
フロントビュー4
フロントビュー4
フロントビュー5
フロントビュー5
フロントビュー6
フロントビュー6
サイドビュー1
サイドビュー1
サイドビュー2
サイドビュー2
サイドビュー3
サイドビュー3
グリーン車入り口
グリーン車入り口
グリーン室入り口
グリーン室入り口
入り口
入り口
デッキ1
デッキ1
デッキ2
デッキ2
デッキ3
デッキ3
デッキ4
デッキ4
壁1
壁1
壁2
壁2
壁3
壁3
電話コーナーのれん
電話コーナーのれん
床にも遊び心が
床にも遊び心が
座席1
座席1
座席2
座席2
座席背面
座席背面
チケットフォルダー
チケットフォルダー
トイレ
トイレ
オリジナルの帽子が素敵です
オリジナルの帽子が素敵です
HOME | NEW | QUIZ | TRAIN REPORT | GALLERY | BBS | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro