バナー TRAIN GALLERY   >駅舎編
小田急線 世田谷代田駅
こげ茶色の木造ベンチは昭和の香り
世田谷代田駅     このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

 1927年開業。この駅は東京都内にありながら、奇跡的に昭和の香りを残す駅の構造物やホーム壁面と一体化した長大な木造ベンチが残っていた。 これだけ小田急らしい駅は、本線上にもほとんど残っていないだろうと思えるほど価値の高い駅だと個人的に思っている。 特にこげ茶色の木造ベンチは、幼少の頃の小田急線ホームの記憶を蘇らせる素敵なアイテムだ。 更に圧巻なのは、通路の壁側上部に黄緑色のアクリル板?が設置され、掲示用ポスターのスペースと、スリットの入った曇りガラスなど小田急オリジナルとも言える一連の駅舎の基本構造が維持されていたことだ。 毎日車窓からあの日当たりの良い上りホームのベンチに座って、のんびりロマンスカーが通過する様を見られたらいいなと思っていた。 2013年度に完成する連続立体化(地下化)工事に伴って仮駅での運用が想定されるため、このベンチを記録しようと思い立って訪れてみた。

 1945年の空襲で井の頭線永福町検車区が被災し、井の頭線の大半の車両が焼失してしまった。 連絡する路線を持たない井の頭線に車両を運び込むための連絡線(代田連絡線)が世田谷代田から新代田が敷設された。 井の頭線の新車が陸送されることになった為などの理由から、わずか8年足らずで廃線となってしまった。 無人の北口改札付近には車椅子用のスロープが設置されていたが、廃線の遺構は連続立体化(地下化)工事によって跡形もなくなってしまいました。

取材年月日2003年12月13日
これぞ昭和の木造ベンチ
これぞ昭和の木造ベンチ
都内なのに昭和なホームでした
都内なのに昭和なホームでした
30000形EXEと上りホーム
30000形EXEと上りホーム
昭和の小田急線の思い出は黄緑色
昭和の小田急線の思い出は黄緑色
一番状態が良かった下りホームの木造ベンチ
一番状態が良かった下りホームの木造ベンチ
2000形と上りホーム
2000形と上りホーム
波型の天井、黄緑色のアクリル板、木造の壁 最高の舞台装置です
波型の天井、黄緑色のアクリル板、木造の壁 最高の舞台装置です
9000形と上りホーム
9000形と上りホーム
これが東京都内にあった駅のホームだとは!
これが東京都内にあった駅のホームだとは!
在りし日の世田谷代田駅は有人駅でした
在りし日の世田谷代田駅は有人駅でした
ミニマムなサイズの駅舎もある意味貴重かも?
ミニマムなサイズの駅舎もある意味貴重かも?
上りホームにあった臨時改札口 この先に代田連絡線の遺構がありました
上りホームにあった臨時改札口 この先に代田連絡線の遺構がありました
駅舎、跨線橋、ホームとも古き良き小田急が偲ばれる駅だった
駅舎、跨線橋、ホームとも古き良き小田急が偲ばれる駅だった
この型の跨線橋の残っている駅を訪れてみたくなった
この型の跨線橋の残っている駅を訪れてみたくなった
実はこのアングルの画像は駅名当てクイズ100問目の元ネタです
実はこのアングルの画像は駅名当てクイズ100問目の元ネタです
おっ5000型だ!
おっ5000型だ!
代田連絡線の遺構を利用して車椅子用のスロープが設置されていました
代田連絡線の遺構を利用して車椅子用のスロープが設置されていました
何気ない日常の光景ですが、希少価値のあるカットだと思う
何気ない日常の光景ですが、希少価値のあるカットだと思う
7000形LSEと上りホーム
7000形LSEと上りホーム
20000形RSEと下りホーム
20000形RSEと下りホーム
惜しむらくは窓がオリジナルではなかった
惜しむらくは窓がオリジナルではなかった
HOME | NEW | QUIZ | TRAIN REPORT | GALLERY | BBS | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro