バナー TRAIN GALLERY
 >車両編
ロマンスカー60000系MSE
このエントリーをはてなブックマークに追加
ロマンスカー60000形MSE(Multi Super Express)10両

千代田線直通運転用に50000形VSEをベースに開発された2008年デビューの新型ロマンスカー。
6両と4両の分割・併合が可能で、分割・併合しない先頭車両はVSEの運転席を1階部分に下げたような感じだが、
前面左側に非常用貫通扉がある。車体塗装は全体に「フェルメール・ブルー」を配色し、
小田急ロマンスカー伝統の「バーミリオン・オレンジ」の帯をまとう。

一番目立つところにステッカーが貼られています

このステッカーはいつまで貼り続けるのだろう?

この一人掛けの椅子に座ってみたいものだ

光の具合でシートの背の部分が随分シックな色合いになる

MSEの車内で東京メトロの車掌さんを見たのは初めてだ

残業した時にこの駅からMSEに乗るのが楽しみ

まるでホテルのロビーのようだ

VSEののれんと同じような素材だが、横の線がなくなって下にロゴが入った

ちょっと暗めだがこのくらいの照明で十分かも

洗面所に幼児用の椅子があるのは珍しい

苦肉の策のオムツ換えシートの位置

VSEが長い蛍光灯に対し、MSEはスポット照明

VSEのトイレ構造を踏襲している

VSEの蛇口に比べるとあまりにもシンプルで貧弱になった

耐荷重量は何キロだろう?

内側がグレーなので汚れが目立たなさそう

シンプルな運転台

貫通部分の運転台なのでコンパクトにまとめられている

車掌DJがお皿回しそうな雰囲気が漂う

片開きのドア

MSEは2009年度のブルーリボン賞を受賞しました

ゴールドの手すりがアクセントになっている

VSEの内装に比べるとやはり廉価版という印象は否めない

車窓を眺めるのに良さそうな大きな窓

肘掛に収納されているテーブルの耐荷重量は10Kg

車端部の一人掛けのシートに一度でいいから座ってみたい

VSE同様にカーペットは暖色系

両開きのドア

新百合ヶ丘駅にて

このあたりに気のきいた芸術作品を掲げたらどうだろう?

VSE同様AEDが装備されている

個人的にはここに生ビールのサーバーを置いてもらいたい

白いソニックみたいなギャラリー形式がよかったなあ

VSEには自販機あったっけ?

ヘッドレストカバーだけはVSEと共通の素材

なんとなくマウスを連想させるデザイン
HOME | NEW | QUIZ | TRAIN REPORT | GALLERY | BBS | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro