バナー TRAIN GALLERY
 >車両編
宮古駅の気動車
取材年月日2004年7月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加
宮古駅の気動車

 盛岡支社管内(山田線、岩泉線、花輪線、東北本線)では大出力機関に換装されたキハ52は、前面上部を赤く塗られ盛岡色(赤鬼色)と呼ばれている。 引退直前に赤とクリーム色の旧国鉄色に塗装された149号車が、とりわけ印象に残った。 以前宮古駅には岩泉線乗車の際に真夏の昼下がりに訪れたことがあるが、あの頃は赤鬼ばかりがひしめいていたのが記憶に残っている。 猛烈に暑い気候の中に駅構内に停車していた非冷房のキハ52に乗り込んでみると、外気温よりもはるかに高い温度に悩まされたのもいい思い出だ。 山田線や岩泉線は、トンネルに入る度に天然のクーラー状態になり、冬場が長い東北地方で非冷房である理由を実感出来た。

 盛岡から乗車した「快速キハ58ぐるっと北リアス号」は、盛岡〜宮古〜久慈〜八戸〜青森で運行された。 山田線、三陸鉄道北リアス線、八戸線、東北本線を乗り通すことが出来、乗り鉄にとって夢のような臨時列車だった。 今回の震災でカルボナード島越駅などが津波の被害で流されてしまって、失われてしまったのが悲しい。 三陸鉄道は復興支援列車を運行し奮闘しているが、如何せん被害額が莫大すぎて国にすがるしかないのが現状だ。 三陸鉄道が復旧したら是非「快速キハ58ぐるっと北リアス号」の様な臨時の直通列車を走らせてもらいたいものだ。
宮古駅は津波で流されたのだろうか?
宮古駅は津波で流されたのだろうか?
快速キハ58ぐるっと北リアス号とキハ52
快速キハ58ぐるっと北リアス号とキハ52
跨線橋をバックにした快速キハ58ぐるっと北リアス号
跨線橋をバックにした快速キハ58ぐるっと北リアス号
古き良き急行型車両の思い出に浸れた至福のひととき
古き良き急行型車両の思い出に浸れた至福のひととき
水色の駅舎の屋根が海辺の駅を表現している
水色の駅舎の屋根が海辺の駅を表現している
キハ58 1523号車
キハ58 1523号車
宮古駅の駅名票とキハ52
宮古駅の駅名票とキハ52
赤鬼1匹捕獲しました
赤鬼1匹捕獲しました
シンプルな塗装は見ていて飽きが来ない
シンプルな塗装は見ていて飽きが来ない
赤鬼2匹捕獲しました
赤鬼2匹捕獲しました
赤鬼色と国鉄色のキハ52を同時に見たのは、この日が最初で最後だった
赤鬼色と国鉄色のキハ52を同時に見たのは、この日が最初で最後だった
乗り鉄しながら撮り鉄したこの日の思い出は一生の宝物
乗り鉄しながら撮り鉄したこの日の思い出は一生の宝物
キハ52 149号車 1
キハ52 149号車 1
キハ52 149号車 2
キハ52 149号車 2
このサボ欲しいなあ
このサボ欲しいなあ
手歯止め置場
手歯止め置場
JR東日本管内でもサボが見られる路線も少なくなってきた
JR東日本管内でもサボが見られる路線も少なくなってきた
地元の海の幸のぎっしり詰まった美味しいお弁当
地元の海の幸のぎっしり詰まった美味しいお弁当
HOME | NEW | QUIZ | TRAIN REPORT | GALLERY | BBS | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro