バナー cafe bibliotic HELLO!付近の地図
CAFE  LIST
京都のカフェ ★★★★☆
現代的な古本屋さんにカフェが併設?
このエントリーをはてなブックマークに追加
 SHOP  cafe bibliotic HELLO!
 住所  京都市中京区二条通柳馬場
  東入ル晴明町650
 電話番号  075-231-8625
 営業時間  12:00〜23:00
 定休日  火曜不定休
 HP  http://cafe-hello.jp/
 取材年月日  2006.08.06
 今回の旅の1日目は猛暑の中強行したので少々バテ気味になった。2歳になる息子は弱音を吐かずに(暑さのためかほとんど抱っこだったが)ついて来てくれた。カフェが文字通り砂漠のオアシスのように休憩所となった。2日目は日陰や水辺を選んで移動したので比較的体が楽だったが、正午頃蹴上駅付近の温度計が37度を表示していたのにはさすがに驚いた。幼児を連れての旅行で一番問題になるのが昼寝の時間だ。本人の体調や気分により眠くなる時間にバラツキがあるので非常に読みづらいものがある。冷暖房完備の座れる電車で移動中に昼寝をしてくれるのが一番ありがたい。2日目は体力消耗を極力避けたので早めに眠くならなかったので、計画通りに本日のメインとも言えるcafe bibliotic HELLO!へ行くことが出来た。

 このカフェは町屋を改造して作られており、吹き抜けの天井まで続く大きな木製の本棚と屋根までのびた暖炉の煙突が印象的なカフェだ。外観は普通の家なので店の前にあるヤシの木?がなければ気がつかないで通り過ぎてしまうだろう。吹き抜けの空間の中央には大きなテーブルがあり、現代的な古本屋さんの中にカフェが併設されているというイメージになっている。ヤシの木や吹き抜けの広い空間と巨大な本棚という一種荘厳な雰囲気がそこはかとなく漂っており、ひょっとしたらCafe DOJIをよく研究して作ったのではないかと感じられた。

 特等席は2階に2セットしかないテーブルなのだがあいにくふさがっていた。入ってすぐの座り心地の良さそうな緑色のソファに案内された。ここは店内を見渡すのには絶好のスペースで、かなり独立した空間になっているので息子も周りのお客さんの目を気にせずにリラックスしてくれたようだ。メニューを見て気になったのが独創的なスムージーのラインナップだった。いろいろ悩んだ挙句オレンジ+カルダモンスムージーとピーチ+ココナッツスムージーをオーダー。

 後から知ったことだがここのスムージーは美味しいことで有名だそうで、季節柄キッチンのミキサーの唸り声が途切れることがほとんどなく、ちょっと騒々しかったのが残念だった。それと禁煙でないことがちょっぴり残念だったが、繁華街に割と近いことも手伝ってまた訪れたいカフェが確実にひとつ増えた。最近特に有名になってきて満席であるケースが多々あるそうなので訪れる時間帯をうまく選んで訪れることをおすすめします。実際自分達が入った後も相当数のお客さんの入り込みがありました。
cafe bibliotic HELLO!外観1
cafe bibliotic HELLO!外観1
cafe bibliotic HELLO!外観2
cafe bibliotic HELLO!外観2
吹き抜けの広い空間
吹き抜けの広い空間
巨大な本棚
巨大な本棚
2階への階段
2階への階段
独創的なスムージー
独創的なスムージー
巨大な地球儀
巨大な地球儀
祇園さんの粽
祇園さんの粽
HOME | 京都カフェ | 鎌倉カフェ |
町田カフェ | 横浜カフェ | 東京カフェ |
松本カフェ | 草津カフェ | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro