バナー 川渡温泉 板垣旅館付近の地図
SPA  LIST
川渡温泉 ★★★★☆
旧館の風呂は小さな浴槽に激熱の湯
このエントリーをはてなブックマークに追加
 施設名  板垣旅館  休業中
 住所  宮城県大崎市鳴子温泉字川渡64
 電話番号  0229-84-7225
 営業時間  10:00〜16:00
 定休日  なし
 料金  250円
 源泉  神の湯
 泉温  47.5℃
 泉質  含硫黄−ナトリウム・カルシウム−
  炭酸水素塩・硫酸塩泉
 HP  なし
 取材年月日  2002.09.15
 こちらは、萩の宿として立派な新館が建てられており、かつての鄙びた風情が失われつつある。 目当ては旧館の混浴風呂だったのだが、母屋である旧館の玄関からお邪魔すると老夫婦が丁寧に迎えてくれる。 真っ先に旧館の風呂へ向かう。小ぶりな石造りの浴槽に似つかわしくない大量の源泉が惜しげもなく投入されている。47.5℃ということであなどっていたが、これがとてつもなく熱い。 湯もみをしようとするが足をつけるのがやっとなので、やむなく大量加水してようやく浸かろうとする。 が、まだ熱いので湯口からのお湯を洗面器で汲んで捨てるという勿体無い行為に及んでしまった。 白い大量の湯の花が舞い、共同浴場的な風情の漂うこの湯は川渡温泉特有の激熱の湯だ。

 渡り廊下で繋がっている新館へ向かい、新しい男女別の風呂に入る。 旧館の湯に比べ若干薄い感じでやや温めであり、インパクトに欠けるがいいお湯であることに変わりはない。 この新しさで驚きの安さなので、次回川渡を訪れることがあればここに泊まってみたいものだ。 それまでに旧館の湯量の調節が可能になっていることを願いたい。
板垣旅館外観
板垣旅館外観
旧館の混浴風呂
旧館の混浴風呂
新館の男女別の風呂
新館の男女別の風呂
旅と鉄道旅行記 | HOME | BBS | LINK

All Rights Reserved, Copyright (C) Mabumaro